木材測定

トラック測定におけるTimbeterの様々な使い道

トラック測定におけるTimbeterの様々な使い道

世界中のどこでも、トラックに積まれた木材を測定するのは困難なことだとされています。山から木材と共にたまたま運ばれてきた有毒動物や、安全上の問題となりうる重機と接触することがあるため、測定作業はサプライチェーンを通して様々な問題を引き起こす可能性があると考えられています。

土間へ積荷を下ろす前にトラック上の木材を測定することで時間も労力も削減できます。トラック測定にTimbeterを使うと、労働災害からの安全性や内外部のチームやマネジャーと1クリックで共有できるデジタルデータを確保しながら、簡単に直径や、層積、材積、そしてその他の関連データが手に入れられます。


Timbeterの直径測定を用いたトラックの管理方法

出庫時に製材所までの道のりを追跡するのに測定される必要のあるトラックには、Timbeterでの直径測定を用いて、出庫時の材数、地図情報、木材一つひとつの直径と平均直径を割り出すことができます。この機能を使うとトラックのナンバープレートや発送番号を、さらに追加機能のカスタムフィールドの利用で、運搬者の名前やその他の企業情報についてのデータを集められます。全てのデータはリアルタイムで利用可能で、メールやリンクを通して管理や物流計画の目的で共有することが可能です。情報はTimbeterのウェブのストレージ・モジュールと同期され、木材一つひとつに関する報告書や在庫管理、分類ごとの価格設定なども、書類事務や会計事務の過労なしに行うことができます。


Timbeterの追加機能でトラックへの積み過ぎを防止

Timbeter独自の機能の一つが積荷ツール(英語)で、運搬用にトラックに載せるべく道端に置かれた木材に使う機能です。Timbeterの積荷アルゴリズムを使うと、はい積にある一定の材積がデジタルでマーキングされ、積まれるべき木材の正確な量を決められます。この機能の主な目的は積荷作業を最適化し、時間を短縮、正しい量の材積が積まれるのを保証すると同時に、積み過ぎを防ぎます。こうすることで道路交通法に違反することもなくなります。

積荷アルゴリズムはリクエストに応じてのみご利用可能となるため、興味がある際は一度Timbeterまでご連絡ください


Timbeterでトラック測定を行う方法3つ

トラックに積まれている材積を測るためには、まずTimbeterで様々なデータタイプやどのように正確な結果を集めるか理解しましょう。層積値(空隙や樹皮を除外した木材の量)を測定し、トラック測定機能に応用することができるのですが、それにはいくつか方法があります。

  • はい積の層積に固定の値を使う場合、総材積を計算するために基準に沿って積荷一つひとつにこの固定の値を適用するのですが、Timbeterのトラック測定機能で固定の値を使うことで、すぐに結果を得られます。
  • トラック測定用に正確な層積を知りたい場合は、まず、毎回トラックに木材を積む際に層積測定オプションを利用します。積荷一つひとつから特定の層積値を得ることで、別途でトラック測定に適用でき、正しい結果を手に入れられます。
  • Timbeterの結果にはい積全体の層積測定がある場合、この結果をたった1回で全ての積荷に適用することができ、トラック上の材積の概要を知ることも同時に可能となります。


Timbeterのデジタルデータでトラック情報を共有

Timbeterのストレージ・モジュールを使うと、従来よりも容易にトラックでの入庫や出庫時の材積を追跡したり、管理したりしながら、自社のデータベースと全てのデータを同期させられます。ストレージ・モジュールでは発送番号やトラックのナンバープレート、運搬者の名前、一つひとつのトラックのデジタル画像などの情報がリアルタイムで手に入り、メールやURLで簡単に共有できます。

Timbeterでトラック測定を始めてみませんか? その他の機能や自社にどのような利益があるのか知りたい場合は、info@timbeter.comまでお問い合わせくださいませ。


関連記事

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest

関連記事

木材測定

トラック...

世界中のどこでも...

木材測定

Timb...

木材測定において...