ニュース

カギは「デジタル化」。COVID-19 による経済危機をどう乗り越える?

カギは「デジタル化」。COVID-19 による経済危機をどう乗り越える?

全世界が COVID-19 に打ち勝とうと奮闘していますが、各国の都市封鎖や制限により経済は滞る一方です。各企業は生存争いに勤しみ、最悪のケース訪れるのはこれからでしょう。しかしこのような危機がチャンスになる分野もあります。それが、主にデジタルソリューション(解決策)です。今や企業はデジタル変遷に向けての歩みを強制されており、業務における変化で、例えばリモートワークや三密回避、非接触の活動を可能にする必要があります。

配送サービスやオンラインショップなどの企業はオンライン化に素早く対応できており、そこまで COVID-19 の打撃もなく、これまで通り業務を続けられています。しかしこのパンデミックの後どうなるかは誰にもわかりません。一つ確かなことは、世界がもっとデジタル化するだろうということです。

例えばエストニアでは公的サービスや教育面が数十年前にデジタル化されたため、業務が停止していない、よい例です。人の集まるところへ行かずとも、手続きなど全てを自宅などから簡単に済ませられます。エストニアは、この早期の戦略的な決断と e-エストニアを開発するための投資により、COVID-19 による、今回のデジタル化にもすぐに対応できました。エストニアの e-政府のデジタル署名やオンラインビジネス登録はその場で行える例の一部に過ぎないのです。

都市封鎖や制限の後に残る疑問は一つですー林業はどのようにして前進すべきなのか? 多くの企業が業務量を減らすように調節し、余計な費用の削減や効率化を計らなければいけなくなっています。作業を少ない労働力で、スムーズに行うにはどうすればいいのでしょうか?各企業は従来の古い方法でやりぬくか、従来の古き形式を変え、現在のプロセスを再稼働させるテクノロジーを導入するのか決めなければなりません。そして、以前から Timbeter でも言及していることですが、これは組織のマインドセットによる要因が大半です。しかし今、経済状況により、さらなるプレッシャーが管理職員にのしかかり、外部の変化に面しています。

COVID-19 で世界中がパニックになる直前に Timbeter を使い始めた企業もたくさんあります。都市封鎖のため、多くの業務が夜通しでいろいろな方法で行われなければなりませんでした。林業において、在庫管理が一番の例です。通常2人1組で現場全体に丸1日を費やしますが、これは、新しい規制によって避けられるべき、直接的な接触があることを意味します。Timbeter を使うと、たった1人でも在庫全体を管理しながら、簡単に速く別の場所にいる同僚と結果を共有できます。さらに、何の干渉もなしに重機を操作することも可能です。そのため、デジタルソリューションの導入結果もすぐに証明されるのです。

新しいテクノロジーの導入は、特に何十年も同じやり方で行ってきたビジネスには決して簡単なことでなはありません。しかし、戦略的な決断をする時がきました。そのため、CEO として、Timbeter に疑問や懸念点がある方を、Timbeter のウェビナー参加にご招待します(日本は後日)。そこで必要な答えを全部手に入れ、もっと詳しく Timbeter のソリューションを無料トライアルで学びましょう。このようにして緊急事態宣言が終わっても、作業で Timbeter をすぐに使い始めることができます。


関連記事

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest

関連記事

ニュース

Timb...

Timbeter...

ニュース

サイアム...

Timbeter...