コンテナと発送

コンテナと発送

問題

コンテナに積むときの丸太の勘定や測定は時間のかかる、単調なもので、ミスも簡単に生じます。従来、丸太は一つ一つ測定され、データは紙面に記入、オフィスで持って帰ってからExcelでデジタル化されていました。全てのコンテナは複数の山からなっており、いくつかのコンテナは同時に積まれます。

出荷用コンテナ1つを勘定、測定するのにかかる平均時間はおよそ45分です。測定が完了した後も、ペーパーワークは残っているのです。

データ挿入や船荷証券の収集は時間のかかるものです。測定報告書はいとも簡単に錯綜し、船荷証券に書かれているものとは全く違う情報を依頼人が受け取るということも生じます。それ故に諍いが非常に頻繁に勃発するのです。木材の入ったコンテナが(一般的に最大で2~3か月かけて)最終目的地に着くとき、丸太がいくつかなくなっていたり、容積が合わなかったり、想定していたものと丸太の質が変わっていたりするため、企業は何か月間も議論することになってしまうのです。

解決策

Timbeter コンテナでは、全てのデジタル測定はコンテナに、それぞれのコンテナは船荷証券や貨物引換証に属します。そのため、必要な書類事務も手早く終えられます。情報はリンクで手軽に共有できます。買い手が事前に木材の質を確認できる上に、起こり得る双方の合意の不一致を避けることも困難ではありません。もし不一致があれば、梱はウェブ基準のストレージモジュールで再測定可能です。Timbeter コンテナを使えば船荷証券及び貨物引換証やコンテナ測定を容易にシェアできるので、もし不一致があれば、足跡をたどって査定したり状況を修復したりすることが常に可能です。

さらに、ユーザーはリアルタイムで全ての自身による測定結果の概要を見られるので、データ分析やシェア、市場での変化に迅速に対応することも容易です。

主な特徴

  • より迅速な測定プロセス
  • 人的エラーの削減
  • 面倒な書類事務も少なく
  • クレームの減少。諍いが起こった場合には、デジタル証明が常に利用可能
  • 共同事業者間での従来よりも迅速で透過的なデータ交換

御社のためにTimbeterができること

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest