パルプ材&薪炭材製造工場

パルプ材&薪炭材製造工場

問題

パルプ材や薪炭材の測定は通常、(空気充填率とも呼ばれる)丸太の山の密度係数のため目視で済まされます。山の密度係数で空気や木の皮を抜いた木材の総量が決定されます。

木材の容積は丸太の山の容積にかけられる密度係数を使用して計算されます。この測定方法は速いですが、測定プロセスにおける主観性によって信憑性が低くなってしまいます。丸太の山の密度を肉眼で判断することは非常に主観的であり、人的エラーが起こりやすくなる要因にもなります。通常の許容誤差は5~10%の範囲内で変動します。

解決策

Timbeterにはパルプ材や薪炭材用に自動で丸太の山の密度係数(空気充填率)を判断するための機能があります。丸太の山の密度係数に加え、丸太の数や直径、容積についての情報も得られます。全ての測定にデジタル証明が発行され、諍いが生じた際には必要に応じて再測定することも可能です。Timbeterは人的エラーやその他の要因に左右されない客観的なツールで、結果は両サイドから管理されます。透過的な測定は共同事業者間の信頼関係を強め、パートナーシップを改善することに繋がります。

Timbeterは力のある事業者が山の密度係数を決定したり、それに続く力のない者が共同しているという理由で反対できないといった状況を防ぎます。

主な特徴

  • 速く、正確で事実に基づいた測定
  • 双方の諍いをすぐに解決できる、事実に基づくデジタル結果
  • 共同事業者との従来よりも速く透過的なデータ交換

 御社のためにTimbeterができること

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest