fbpx

国有林

国有林

問題

国有林は通常、売り手側にあるため丸太1本1本の価値を最大化することが重要です。パルプ材や薪炭材は様々な諍いが起こりやすい丸太の山の密度係数によって一般的に測定されます。

木材の総量は空気や木の皮を含まずに丸太の山の密度係数によって決められます。木材の容積は丸太の山の容積にかけられる密度係数を使用して計算されます。この測定方法は速いですが、測定プロセスにおける主観性によって信憑性が低くなってしまいます。通常の許容誤差は5~10%の範囲内で変動します。

解決策

2、3分以内で、測定に関する長期データが利用可能になり、結果が特定の数を満たしていないかどうかを確認したり、その裏にある要因を検知するのが容易になります。

Timbeterの目標は当初から林業分野をペーパーレス、透過的、そして従来よりも効率的にすることです。

従来よりも透過的に

Timbeterは人的エラーやその他の要因に左右されない客観的なツールで、結果は両サイドから管理されます。透過的な測定は共同事業者間の信頼関係を強め、パートナーシップを改善することに繋がります。一般的に、丸太の山の密度を肉眼で判断することは非常に主観的であり、人的エラーが起こりやすくなる要因にもなります。

諍いの減少

Timbeterでは諍いを治めるためにオンラインで保管、訂正できる全ての測定のデジタル結果を入手できます。ウッドチップになったものや薪などとして積まれた材木ではなく、加工前の木材を測定します。さらに、力のある事業者が山の密度係数を決定したり、それに続く力のない者が共同しているという理由で反対できないといった状況を防ぎます。

長期のデジタルデータ

デジタル情報で多機能データを使ったり、非常に面倒なお役所手続きや紙資源を減らしたりできます。Timbeterを使うことで、全てのデータはバックアップが取られ、保存され、オンラインで利用可能になります。ユーザーは容易にデータにアクセスしたり、データを管理、転送、共有できます。

ソリューションのご提案・無料お試し版へのご登録はこちらから