坑木トラック&運送会社

坑木トラック&運送会社

問題

木材はいろいろな目的地に輸送されながら、坑木トラックの上で頻繁に測定されます。坑木トラックの運転手にとって、丸太の測定は不正確なプロセスになり得り、当て推量することもめずらしいことではありません。坑木トラックの運転手は途上の重量制限に合わせて荷積みする必要がありますが、運送費を最大限に活かすため、できるだけ多く載せます。そうすることで、大きなタスクを担ってしまいます。

通常、5~10%のエラー率は途上で許可されている数値よりも著しく重いことを意味します。さらに、運転手には罰金が課せられ、免許失効の可能性も出てくるのです。

解決策

Timbeterではトラックの運転手は積み荷の丸太の密度比や容積を測定できます。この情報があると、危ない積みすぎも妨ぐことができます。森林で最初に載せた丸太の重さの証明を発行するために、測定のデジタルフットプリントが作成されます。この測定は受け取る側と共有できるので、諍いを減らすことにも繋がります。

万一、受け取られる丸太の総量に関して諍いが生じた場合、受け取る側はデジタル測定と合うかどうか、全ての人に分かるようにしながら、単に再測定して確認できます。

測定が透過的だと共同事業者との信頼関係が強まり、正確な追跡や途上でのトラックの安全性も望めます。さらに、デジタル化された情報で多機能のデータが増え、従来よりもすぐれた統計的な報告に繋がります。

主な特徴

  • 迅速で正確な積み荷の測定
  • 買い手に必要なデータは全てデジタルで利用可能
  • クレームの減少。諍いが起こった場合には、デジタル証明が常に利用可能
  • 共同事業者との従来よりも速く透過的なデータ交換

御社のためにTimbeterができること

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest