木柱販売会社

木柱販売会社

問題

木柱を数えるのは簡単そうにも聞こえますが、実際にはそんなことはありません。木柱1本の高い価値(種類によって約45000円から約67000円のほどする約12mの電柱)を考慮すると、木柱1本の損失さえも会社にとっては大きな代価になるのです。

柱の手検尺においての問題は総量などを証明するのが難しいことです。数えられた総量は買い手と売り手の間で相互に頻食い違うことが多いのです。これは、柱がほかの場所に移されたときや、柱が丸太の山から除かれた、もしくは山に追加されたときに、さらに困難なことになります。木柱は違う場所、もしくはほかの納品に混じっておろされる可能性もあります。すなわち、木柱の数や容積においてのミスは絶えず増えていきます。間違いが生じ、両者間での諍いもさらに頻繁に起こるばかりです。

2つ目の問題は在庫票への懸念です。木柱がたくさんある上に、在庫票を管理するのは頻繁に時間がかかり、骨の折れる作業です。健全な運営をしている製造工場にとって、在庫票を管理するのには毎月最大で3営業日かかります。

解決策

Timbeterでは全ての測定の事実に基づいたデジタル結果を入手できます。測定は、諍いを治めるためにオンラインで取得されます。木柱の数における相違は数分以内になくなります。生産者や買い手は木柱の数だけでなく、直径の分布や木柱の容積、どこで測定されたかという場所まで取得できます。Timbeterでは5~10cmの小さな直径の木柱も検知できます。

在庫にはTimbeterの効果的な解決策がもってこいです。ストックにある様々な分類や直径の範囲に関する情報をアクティブストレージステータスで確認できます。在庫票は敏速に管理され、相違が発生した場合にはアクティブストレージステータスですぐに修復されます。

主な特徴

  • 従来よりも速く数える作業を
  • 双方の諍いをすぐに解決できる、事実に基づくデジタル結果
  • 共同事業者との速く透過的なデータ交換
  • 従来よりも速い在庫確認

御社事業へのTimbeter導入のご相談、デモ版のご利用、お問い合わせは、弊社担当までご連絡ください。

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest