fbpx

製材工場&製造業者

製材工場&製造業者

問題

製材工場は、丸太が(数週間かかることもある)測定ラインに入る前に、重量を通して、もしくは目視で丸太の山の密度を決定することによって丸太を測定しがちです。なぜなら丸太一つずつの出荷を判断する時間も労働力もほとんどないからです。重量や丸太の山の密度比率では、丸太の質や直径といった、管理するのが難しい面についての情報はわかりません。

小さな丸太が非常に多い場合、生産高に悪影響を及ぼし、工場運営も効率悪くなってしまいます。不運にも、サプライヤーは丸太の山の中に小さな丸太を頻繁に隠そうとします。平均直径が大きすぎる場合、製造において進行の妨害を引き起こします。重要なのは、生産において直径のきちんとした寄せ集めを使うことです。

解決策

Timbeterではトラック1台分の積み荷にある除外された木材の明確な概要を確認できます。通常、低質のために除外された木材は分類され、顧客はそれを取り除いたり、低価格で製材工場に売ったりします。製材工場も証明としてTimbeterで撮った写真を送ることができます。

主な特徴

  • 直径プロフィールの総概
  • 生産結果や販売における従来よりも優れた予想
  • 双方の諍いをすぐに解決できる、事実に基づくデジタル結果
  • 全ての共同事業者とのデータ交換

御社事業へのTimbeter導入のご相談、デモ版のご利用、お問い合わせは、弊社担当までご連絡ください。

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest