fbpx
ケーススタディー

情報共有の重要性:Timbeterが取引に役立つ理由

情報共有の重要性:Timbeterが取引に役立つ理由

手検尺で測定したり、一部の間で情報共有したりする際、不正確に情報が記入されていたり、その過程でどこか抜け落ちていたりすることがあります。データの保持には、契約者やビジネスパートナー、物流会社、一般的な売り手や買い手とのいい関係を構築するためにも注意力や正確性を必要とします。Timbeterを使ったり、デジタルで木材を測定したりといったことを始めると、そういった過程の中での責任者全員と簡単に共有したり、諍いを避けたりしつつ、データは全てストレージ・モジュールに保存され、同期されます。浸透性やデジタル証明、目に見える資産はスムーズな過程に必要で、同時に、木材のような貴重な素材を取引する人には信頼性を生み出します。

通常のTimbeterもコンテナバージョンもアプリやストレージ・モジュールを通して、測定した木材のデータをユーザー間で共有できます。コンテナにいたっては、木材が運搬されるときに、まさにその瞬間に質と正確性を保証しながら、船荷証券を管理したり、全ての測定が――測定画像として――自分の周り以外からの買い手とリアルタイムで共有できる視覚証明になったりします。

通常のTimbeterでは、二重測定や不必要な運搬、質と量の二重点検の再確認すらも避けつつ、測定をすぐに運搬者、物流課、そして在庫とその組織化をするのに経営側に送ります。

では、どのようにTimbeterで情報共有するのでしょうか?

まず、アプリでは、測定終了後に、最初の画面で「結果を確認」をタップして、見たい測定にチェックを入れ、右上の3点マークをタップし、情報共有します。これは測定結果入りでも画像のみでもでき、メールやメッセンジャーなどお好みの手段で送信できます。即時に共有したい相手も同じ情報が手に入れられます。  

次に、ストレージ・モジュールを使う場合、共有したいストレージをクリックし、右側の3本線のアイコンから「共有」を選択します。すると、共有したい相手がアクセスできるように、パソコンやケータイで見られるURLが表示されます。

測定を1つだけ共有したい場合は、測定自体をクリックすると、以下のようなパブリックURLを手に入れられます。この情報も相手と簡単に共有できます。  

これに加え、測定についてのPDFファイルもダウンロードできます。これは利用可能な測定を表示し、メールなどを通して保存、共有されます。

注:実際は日本語です。

また、APIを通せば(組織の)内部でTimbeterの情報を共有することもできます。ストレージ・モジュールで利用可能なデータは全て自身のデータベースに直接アクセスできる上に、物流課や経営課、財政課などに属する人も手に入れられます。APIについてもっと知りたい場合はこちらまでご連絡ください。

どうでしたか?
デジタルソリューション(解決策)なので、木材の取引において、Timbeterではリアルタイムの情報を相手と共有したり、諍いや不必要な運搬を避けたり、透過性や信頼を生み出しだりできます。また、Timbeterのデータベースでは場所や測定の視覚証明が利用できるため、統制されていない、もしくは不審なはい積の商業化も避けることができます。  

Timbeterは、さらに、物流計画として組織内部で情報共有するのにもってこいなソリューションでもあります。情報がリアルタイムで正しいと、いろんな過程もずっと簡単になります。現在、運搬での余分な費用や一般的な損失、工場に収まらないはい積などを避けるために、Timbeterを通して計画を現代化する会社がたくさんあります。

また、行われた測定のデジタル証明を発行することで、契約者を管理するのにも役立ちます。これは統制されていない測定や取引を避けます。一般的に、測定におけるさらなる透過性はパートナーシップを信頼のできる、正当なものにする唯一の方法といえます。さあ、今日からTimbeterを始めましょう!

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest

関連記事

ケーススタディー

なぜ A...

AI や 機械学...

ケーススタディー

Sout...

先日、South...