Timbeter

Timbeter

丸太を測定するのに最も容易で正確な方法が今や現実になりました。林業に勤しんでいる人のための革新的なソリューション、それがTimbeterです。

このソリューションによって得られる結果には、丸太の数や直径、丸太の山やトラックの容積、空気比や木材比があります。

では、Timbeterがどのように機能するのか気になっていることでしょう。始めるのは決して難しいことではありません!

まずはAndroidiOSでアプリをダウンロードしましょう。登録し、写真を撮り始めたら、あとの大変な作業は画期的な検知システムに任せましょう。Timbeterを使えば、山になっている丸太やトラックもしくはコンテナに積まれている丸太の写真を撮ることができ、通常モードだけでなく、丸太の山が大きい場合にはパノラマモードでの撮影も可能です。さらに最高なのが、測定にインターネット接続が必要ないことです!

このソリューションによって得られる結果には、丸太の数や直径、丸太の山やトラックの容積、空気比や木材比があります。そういった結果にはフィルターをかけたり、地図上の位置をタグとして付けたりできる上に、社員や共同事業者などにリアルタイムで転送することもできます。

Timbeterで行った測定は全てデジタル証明としてクラウド上で保管され、正確で信頼できるデータを与え、在庫にまとめられます。このデータを分析したり、リンクで共有したりできます。また、ウェブ上で全ての丸太の山を再測定することも可能です。

Timbeter で簡単に木材を測定!

主な特徴

  1. はい積やトラック、コンテナにある木材をTimbeterを使って写真撮影します。もしはい積が1枚の画像に収まりきらない場合、パノラマモードで測定できます。
  2. Timbeter では世界中で使われている、10を超える検量方法をがご利用可能です。
  3. Timbeter は遠隔でも機能するので、測定にインターネット接続は必要ありませんが、結果は手に入れられます。測定はインターネットに接続した際に、クラウドやストレージ・モジュールにアップロードされます。
  4. Timbeter では材数や材積、そして直径が算出されます。特定の直径の範囲にある材数を確認したいときはフィルターをかけることもできます。また、それぞれのはい積は木材産出地を追跡できるように、ジオタグをつけて位置情報を管理することもできます。
  5. それぞれの測定は樹種や材質に関連した、リアルタイムでの測定の概要が確認できつつ、クラウドに保存されます。
  6. ストレージ・モジュールは、timbeter.com/ja/からログインできます。
  7. Timbeter のストレージ・モジュールでは迅速に測定結果を分析・共有できます。ボタンを2、3クリックするだけで在庫を確認したり、ストレージ・ステータスを管理したり、レポートを即座に作成したりできます。さらに、同時に管理者や会計者が常に最新の情報を握っていられるようにもできます。
  8. Timbeter では、全ての測定情報を審査・管理することができます。また、こういったデジタルデータは同業者間で共有することも可能です。
  9. たったの2、3クリックでストレージの状況を閲覧したり、欠陥や余剰を確認したりできます。さらなるワークフローの統合には、Timbeter を API を通して CRM や簿記、従業員名簿、そして ERP(企業資源計画)といったものを含む企業ツールと統合することも可能です。このように、営業や物流計画、レポート作成を合理化します。

お問い合わせ

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest