Timbeterがコスタリカ政府と共同を開始 | Timbeter
ニュース

Timbeterがコスタリカ政府と共同を開始

Timbeterがコスタリカ政府と共同を開始

Timbeterとコスタリカ政府は森林管理のデジタル化をサポートする目的のプロジェクトを開始し、地元林業の競合性を向上させています。

エストニア環境投資センター(エストニア語でKIK)はTimbeterのテクノロジーをコスタリカに届けるプロジェクトに投資しており、林業を管理し、持続可能な林業管理を容易にさせ、コスタリカでの違法伐採と戦うために、Timbeterのテクノロジーをコスタリカ政府によって開発されたデジタル・ソリューション(解決策)と統合ました。 

環境エネルギー省を通して、コスタリカ政府は、Timbeterの人工知能と機械学習、クラウドテクノロジーを統合するために機会を見出しています。これは、林業の監視と管理においてTimbeterの尽力と投資をサポートするためでもあります。政府と企業のデータ交換を容易化することで、行政負担を減らし、さらなる効率と透過性を持続可能な森林管理にもたらします。

プロジェクト開始にあたって、環境エネルギー省の副大臣、パメラ・カスティジョは、プロジェクトは自然が元の商品やサービスをプロモーションすることでCOVID-19後もコスタリカの経済を再活性化させようとしているため、よい機会に恵まれたと言っています。コスタリカは世界でも気候変動にたいへん影響を受けている地域で、緑の先駆者として持続可能な自然資源管理に尽力していることでも知られています。Timbeterを使うことで、企業と政府のデータ交換や企業の行政負担の削減、作業の効率化の向上を行うことができます。 

「木材産業は再生可能な資源と違法伐採において重要な役割を果たしています。」とTimbeterのCEOである、アナ・グレタ・ツァークナは言っています。「森林は持続可能的に管理されるべきです。Timbeterのようなデジタル・ソリューションを使うことで企業はより効率的且つ透過的になり、簡単に必要なデータを違法伐採と戦う政府に供給することができます。さらに今、コスタリカ政府や現地の私有林と共同できることを嬉しく思っています。」

国内地理環境情報センター局長兼コスタリカプロジェクトの取締役である、ラファエル・モンゲ・バルゲス氏は、「この共同で、コスタリカの森林資源情報システム(SIREFOR)を、デジタルツールを開発している国との共同を通して、強化されることを狙っています。こうすることで、コスタリカの当局による森林の伐採作業の管理や監視に割く業務を容易にします。」と述べています。

Timbeterは既に森林作業に重要な結果を残しており、同時により安全な労働環境を生み出し、ペンキなどの毒性資源の利用を減らしています。しかしTimbeterはまた、リーズナブルなデジタル変遷を中小企業や私有林の所有者にもたらし、よりフェアで透過的な貿易取引のための条件を生み出しています。それと同時に、地元農家や生活を森林に託しているコミュニティーが市場によりよくアクセスできたり、法的に伐採された木材にきちんとした価格をつけたりすることができます。 

Timbeterはエストニアのベンチャー企業で、世界最大の木材の写真光学測定のデータベースを立ち上げており、それによって林業のバリューチェーンを通したリアルタイムでの木材資産の追跡や個人的な発送などが可能です。Timbeterはポーランドやオランダの国有林や世界中のその他の国と共同しています。それには、林業で最大級の企業、CMPC(チリ)やInternational Paper(ブラジル)、ファーバーカステル(ブラジル)、サイアム・フォレストリーグループ(タイ)、Mekong Timber Plantations(ラオス)、Port Blakely(アメリカ)、SEQH(オーストラリア)などが含まれています。

Timbeterのテクノロジーを使うと、人工知能や機械学習、GPS、クラウドコンピューティングの利用を通して林業に透過性がもたらされます。ジオタグをつけると、Timbeterのソリューションを通じて行われた測定の場所を知ることができたり、サプライチェーンを通して情報が利用可能になったりします。 


関連記事

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest

関連記事

ニュース

伊藤忠建...

この度、伊藤忠建...

ニュース

Timb...

Timbeter...