fbpx
木材測定

Timbeter で林業現場作業の安全性を改善する3の方法

Timbeter で林業現場作業の安全性を改善する3の方法

木材測定において、労働安全は林業の世界でも議論されている重要なトピックの一つです。大企業では既に、健康と安全な測定がきちんと確保されるために、作業現場でも工場でも労働者を狙った社会的責任のあるポリシーがあります。そうであっても、林業での労働はリスクを伴い、もちろん、Timbeter もリスク要因を簡単に避けるための重要なツールです。

ユーザーのみなさん、そしてチームからのコメントをもとに、なぜ Timbeter が林業での労働安全や健康に必要で、効果的なソリューション(解決策)なのかを説明します。さらに、ここでは、これらの点について記述し、Timbeter が企業による PPE(Problem Programme Efficiency、問題プログラム効率)やトレーニングの利用を取って代わることはしませんが、防護法との連携でどのように使われるのかまとめています。


目次
1. 極端な気候条件
2. 怪我
3. はい積への接触



1. 極端な気候条件

オープンスペースでの現場作業は常に様々な気候条件に出くわします。Timbeter を屋外での測定で使うことで、従来よりも速く正確な作業にしながら、はい積一つひとつを測定する時間を短縮できます。さらに、極端な気候の地域―冬は -20ºC、夏は 40ºC を超えるような場所での測定は、Timbeter を使うと手検尺の10分の1の時間しかかかりません。また、はい積の写真をただ撮ったり、オフィスなどの屋内場所で測定を行えたりできます。


2. 怪我

現場の木材測定者が挙げている重大問題の一つが RSI(特定の身体の部分に負荷が繰り返し起こって生じる痛み)です。RSI を発祥する原因は、手検尺では何度も 1つの動きを強いられるためです。つまり、はい積の直径や材積を測定するのに、腕や手などが繰り返し伸ばされているのです。

RSI などの怪我は、また、滑液包炎や滑膜炎を引き起こし、完全に回復するまで、特殊な治療や時間を必要とします。一度にたった3分で、人の介入なしに直接はい積を測定できる AI が適用されているため、測定方法として Timbeter を使うことで、木材1本1本を「測定する」動きもなくなります。

注意! 怪我の防止にも測定している間に適度な休憩を取ってください。


3. はい積への接触

木材測定者が掲げるもう一つの問題がはい積との直接的な接触で、さらに細かくいうと、2つの顕著な問題があります。それがはい積からの木材の落下と有毒生物に出くわすリスクです。

まず、壊滅的だったり致死的だったりする事故を引き起こような、アンバランスなはい積からたった少しの距離を取っても木材測定者には完全に安全とはいえません。

さらに、肥沃な森は様々な動植物の住処となっています。例えば、熱帯地方のユーカリの測定者は木材の隙間に潜むサソリに出くわすこともあります。このような非常に危険な場所では、はい積から距離をもっと取れば、簡単に避けることができます。

Timbeter を木材測定のソリューションとして使う場合、木材測定者はアンバランスなはい積や有毒生物による事故を防ぐために、はい積から距離を取ればいいのです。


関連記事

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest

関連記事

木材測定

トラック...

世界中のどこでも...

木材測定

Timb...

木材測定において...