fbpx
週報

Timbeterはなぜ有料なのか。

Timbeterはなぜ有料なのか。

人は「無料」に固執しがちである。理由は単純に、「便利そうだけどいまいち精度がわからないからお金を払いたくない」という心理にあるのだろう。あるいは、「便利だけどお金を払うほど使わないし、アプリなら多少の広告があっても気にしない」。これは非常によくわかる。

私もiPhoneに入れているアプリで、広告ありのアプリを無料でずっと使い続けているものがある。例えばLifebear。カレンダーアプリである。画面下部に広告が見えるが、さほど邪魔にはならないし、ステッカーも多用しないので既存のままで十分だ。データをExcelにエクスポートすることもないし、そもそもデータも大量にあるわけではない。

だが、これが林業となると話は別だろう。毎日大量の木材を捌いている人も多くいる。そんな人たちのためにTimbeterが存在する。場合によってはデフォルトでは解決できず、カスタマイズが必要なこともある。

無料でいいのだろうか?

「無料」に越したことはない。しかし、一般論的には、裏でデザイナーならデザイン作成、プログラマーなら開発などの努力や作業がある。いわばモノを作り出すのに時間を要しているのだ。

Timbeterの場合、Timbeterを開発するだけではない。Timbeterを使う人たちをサポートするのも、私たちの仕事である。つまり、開発費だけでなく、人件費もかかっているのだ。

話に戻ろう。「なぜ人は『無料』に固執するのか」。支出がなければ手元に残るお金は、支出する場合と比べて多い。お金があればなんでもできる。でも価値のあるものにも投資していただきたい。それはTimbeterに限った話ではないが、Timbeterだと木材そのものの価値も最大限に引き出せるのだ。そもそもの収入が増えるのである。

それを考慮すると、Timbeterが無料でないのもわかるはずだ。

Share
LinkedInFacebookTwitterPinterest

関連記事

週報

なぜTi...

ある日、エストニ...

週報

Timb...

人は「無料」に固...